倉庫生活 20th day

もう20日も経ったのか。相変わらず眠りは浅いが、ここの住人たちは皆いい人だし、どういうわけか僕は良くやっていけている。ここでの暮らしを始める前は、1週間程度で精神的限界が来るかもなどと杞憂に身を絆されていたわけだが、僕は今でもここで暮らしを謳歌している。

今日、目覚めると13時を過ぎており授業がはじまっていたので、僕は堂々たるパジャマ姿で対面授業の教室に参上する運びとなった。紳士たるもの、いついかなる時も正装に身を包んでいなければならない。就寝時とて例外ではないのである。

授業が終わり、早々に夕飯の支度を始めた。今日の献立は、記念すべき倉庫生活1st dayに僕が作った豚モツと豆の煮物である。あれは本当に美味いし、材料費も安く栄養価も高いのでサイコーだと思っている。今回は、前回と違う豆を使い、ひよこ豆とレッド・キドニーで仕上げてみる。うまい。だいぶたくさん作ったので、明日の献立にも転用可能である。ここの住人は作り置きというのをあまりしないが、たぶんした方が食の手間が省けて良いであろう。

早めの夕食をこしらえて、僕は今日名大作曲同好会のYouTube生放送に出演した。初めての生放送ゆえ、トラブルもあったが、全体的には楽しい放送になった。疲れたが、先ほど作った夕飯を食べる。kamijo君が先日買ってきてくれたパンを食べるが、非常に美味い。

リビングで談笑していると、天井に黒い影を発見。しかもあれは動いているぞ。もしかして……。

範馬ゴキ

そう、ゴキである。出没しても不思議はないが、家の中で出会うのは初めてだ。記念すべき初Gたるこいつは、「範馬ゴキ」と名付け、今後長らく可愛がっていくことに決めた。決めた矢先、kamijo君が無慈悲にもぶちっと殺害した。さらば、範馬ゴキ。君は種差別の不条理を体現した稀有なゴキである。

昨日完成させた歌の歌詞を、まだ考えていない。僕にとって作詞の作業は、ある種の連想ゲームである。発想の連関を柔軟にすべく、夜は酒を飲んだ。江坂さんと飲み、kamijoくんと飲み、やがて帰宅したサクライくんとも飲み、多少出来上がってきたので、このブログを書いてお休みということにしよう。寝る前に歌詞を考え、明日こそは午前に起床したい。

入居者募集中

詳細はこちら↓

入居者の募集

寄付募集中

詳細はこちら↓

寄付のお願い

1 Comment

コメントを残す

4 × 3 =